過払い金請求ができないとき

いろんなところですごくよく聞く過払い金というのは、どんなときでも請求ができるというわけではありません。

過払い金請求というのは、かりたお金を完全にかえし終わってから10年で時効をむかえることとなっています。ここが1つの要注意である部分なのです。

よって過払い金請求ができる条件をちゃんとみたしていたとしても、借金を返し終わってから10年が経過してしまうと過払い金をかえしてもらうことができないと、法律できちんときまっています。

おそくなりすぎてしまうと取り戻すことができなくなるので、借金を返し終わってからかなり時間がたっているというならきをつけなければなりません。

なお過払い金というのは、キホンテキには法律できまった金利よりも高いグレーゾーン金利というものを払っていた場合にでてきます。

よって法律の範囲で適正となる金利で取引をしていた場合には過払い金はでてきません。

 

 

なおクレジットカードの中の枠にはキャッシング枠とショッピング枠というのがあります。

過払い金請求ができることになっているのはそのうちキャッシング枠のみとなっています。

よってショッピング枠のケースには過払い金請求はできないのです。

なぜならショッピング枠というのは法律だと借金という扱いじゃなくて、あくまで立て替え金となるので、過払い金がらみの法律がおよばないのです。

 

この他にも様々なケースについて細かく定められているため、詳しく調べてみるとよいでしょう。

ただしかなり分かりづらくケースバイケースであるため、もしくは専門家の方などに相談してみるのが確実なのかもしれませんね。